期間工の求人で求められていること

期間工は、一定の期間に工場で働く契約をしている派遣社員のことを言います。一般的な工場勤務のパートタイマーとは異なり、自動車メーカーの寮に住み込んで期間限定ではあるもののフルタイムで働きます。契約の更新は3か月から6か月ごとに行われ、最長で2年11カ月まで同じ会社で働くことができます。2年11カ月が過ぎてしまったら、一旦やめてブランクを空けて再度応募するか、別の会社で働くことになります。雇用形態は契約社員と変わりませんが、期間工の求人の場合は住み込みであることや稼げる給料が契約社員に比べて多くなっているのが特徴です。フルタイム労働で月に30万円以上稼げるのは、期間工ならではの特徴といえます。また、正社員や契約社員と比べて期間工で働くことのメリットもたくさんあります。

期間工の求人にはどんなメリットがあるのか

期間工の求人は、大手の自動車メーカーで多く見られます。自動車メーカーは日本の基幹産業であり、資本力も大きいです。特に日本の自動車メーカーは自動車販売台数で世界のトップ10の中に4社も入っています。世界の強豪メーカーと肩を並べて戦える企業ですので、待遇も他の企業と比べてもとても良いです。普通は大企業で働くためには、新卒で厳しい就職試験を乗り越えていく必要があります。しかし、期間工の求人であれば学歴も問われないことが多く、未経験でも働くことができます。大企業は資本力がありますので、期間工であっても待遇が良く、契約社員であっても給料が良いのが特徴です。普通の契約社員であればボーナスは一切出ないところ、期間工の求人であれば入社祝い金や3か月ごとの満了慰労金などがもらえます。

期間工の求人に見られる特徴とは

期間工の仕事は、特殊な技術を必要としません。簡単な溶接や組み立てなどの仕事を担当します。大まかなところは機械が行いますが、機械では行いきれない部分を期間工が行います。仕事は肉体労働のため体力は必要ですが、健康体であれば働くことができますので、仕事に就くハードルはそれほど高くはありません。求人の応募基準も学歴不問、未経験でも可能となっていることが多いです。体力的に問題が無ければ、40代、50代でも十分に働くことができます。期間工が働く工場は地方にあることが多いため、通勤が難しいことが多いです。そのため、寮が用意されていることが多く、住み込みで働くことになります。寮費や光熱費などの住居費はかかりませんし、家具などもついているので、自分で用意する必要が無く、身一つで出かけられます。